FC2ブログ

親戚一同創価学会員でもうマヂ無理…おばあちゃんともっと会いたかった

にんじん

昔にも記事を書いたのですが(過去記事

ああマジで創価一家ってクソやなと思うんですよ(※個人の意見です)

・勤行(お経を唱える)する時間が長ければ長いほど褒められる・偉いシステムでして、いとこは受験生なのに一日2時間も勤行してるって当時聞いてびっくりしました。
その2時間受験勉強にあてた方がよくない…?学年5位以内の成績の子やからできた暴挙なんかもしれんけどさあ…学業賢くてもちょっとネジぶっとんでんな!!

・「一家和楽」っていうスローガンというか目標みたいなんを掲げてたんですよ、母が。そしてそれを達成するために勤行してたんですが実際は
家庭内暴力
息子が暴走族からのヤクザの下っ端になる(当時、今はただのチンピラみたいなオッサン)
娘とは不仲
ざーんねん☆何年も祈っても一家和楽になりません☆なんなら娘からは絶縁されてます☆

・私はおばあちゃんっ子なので一人暮らししてた家が近所やったのでほんまは毎週でも行きたいけど行ったら勤行させられるわよくわからん公明党の署名させられるわタイミング悪かったら同時中継(池田大先生のスピーチみたいなんを馬鹿でかい会館で100人ぐらいがひしめきあって見るイベント)連れていかれるわ聖教新聞読まされるわ池田大先生の著書を読まされるわもう散々な目に遭ってだんだん足が遠のいていきました
おばあちゃんの料理おいしいから教えてもらって一緒に台所に立って作りながら話すのめっちゃ楽しかったんやけどなあ…

おじいちゃんが死んで葬式後に親族で勤行してた時におじいちゃんの声で勤行してるのが聞こえたの私とおばあちゃんだけやったなあ…
小学生の時に一緒に昼ご飯食べてて、私がふりかけかけながらテレビ見てたらぶちまけてしまってバチクソ怒鳴られた事もあったなあ…
オカンが病気で入院してる時世話しにしばらく泊ってくれて天国のようやった。創価の活動やらされる以外は。

大正生まれのひとなので戦争中の話も教えてもらった。
干支の話とか(酉年は食べ物に困らないとか)、梅が綺麗だとか、旅行に行ったりうちに泊まりに来たら必ず何か忘れて帰るとか、編み物のうまさがえげつないとか、若い時は着物を縫う仕事をしていて、まだ赤ん坊の母をおんぶしながら作業してたらよだれを垂らされて肝を冷やしたとか、字があまり上手じゃないとか、20年以上日記をつけているとか



何が言いたいかってねえ!!創価さえなければ私はもっとおばあちゃんとたくさん会えてたんですよ!!!もしかしたら他の宗教信仰してたかもしれんけど!
おばあちゃんに純粋に会いたくて行くのに創価に邪魔されるの。もうその話いいからもっと違う事話そう?って喉まできてた事何度あるか
普通の孫よりは頻繁にあいにいってた方やとは思うけどほんまはもっと会いに行きたかったんや…
関連記事

スポンサーリンク

Posted byにんじん

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply